人気ブログランキング |
<   2011年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
パスタランチ
a0123191_17372131.jpg本日のパスタランチ。

高崎の L'AULA ITALICO/ラウライタリコへ。

いつもの太・中・細の凸凹3人で。

今日も天気がいいな。


a0123191_173747100.jpg厚切りベーコンとトマトのパスタを注文。

もちろん大盛(^^)

お客さんも女性がほとんど。

男性客はうちらだけ。

でも、そんな事気にしてたら美味いも食べられませんから。


a0123191_1738660.jpgパンに残ったソースとベーコンをのせて。

あ~何だかワインが欲しくなってきた(^^)
by cw-archi | 2011-04-15 17:43 | 美 食
これも出会い・・・
a0123191_17161042.jpg今日は汗ばむくらい暑かったですね。桜も少し散り始めてるのかな。

友人のために、半日ばかり土地探しを
自分の足で探さないと、なかなか良い土地は見つからない。
土地自体が良くても、その土地がおかれている周りの環境がとても大事。

ビビッと感じるものが。 これも出会いです。

すでに頭の中ではこんな住まいが・・・妄想が膨らみます(^^)

地主さんと相談かな。
by cw-archi | 2011-04-14 17:28 | 仕 事
まずは・・・
a0123191_0423896.jpg今日は地元の先輩方と3人で飲み会。
50代、40代、30代と丁度メンツがそろった。みな地元で商売をやっている。

思いは同じ、地元を良くしようぜ!! “若い世代が住みたい街に”という思いがある。
ここで子供を育てながら生活する。そうすれば商店街も潤って行くだろう。
これが一番街の活性化に大事なことで、街の基盤となっていく。
モノ事ってみんな繋がっていて、連鎖しながら良くなっていく。
東芝の跡地を緑豊かな森にして、子供を育て易い環境が欲しい。

なかなか簡単には動かない問題だけど、あまり当てになら無い行政やら何やら
関係なく、自分達で出来る事を


a0123191_043129.jpg地元 新前橋駅前の居酒屋 鳥魚炉で。
みんな酒好きで大変。いくら飲んでもこの思いは変わらず(^^)

このメンバーだったら何か出来そう。

注文した憶えがないけど、色々と出してくれる(^^)
ありがとございます。


a0123191_0433392.jpgこれ凄いでしょ!!

ティッシュより大きいコロッケ。

カラッと揚がってて美味いよ。

新前橋にも、ここでしか通用しないC級グルメがあるんです(^^)

酒の席、これも我々には大事なコミュニケーションです(^^;)
by cw-archi | 2011-04-14 01:00 | 美 食
まっ、とりあえず・・・
a0123191_23312054.jpg今日は東京へ。
Kuさんが設計した住宅を見せてもらいました。
もちろん東京と群馬では建築法規など色々と違いがあります。
東京で設計している方にとっては当たり前なんですが、
群馬から見るとキビシイな~っと、つい思ってしまいます(^^;)


a0123191_8574643.jpg帰りに寄り道したのは座・高円寺(設計:伊藤豊雄)
地域密着型の劇場みたいです。完成して3年くらいだっけな。
このくらいの規模の劇場が街中にあるのはイイですよね。

丸窓が沢山。床に映っている丸は照明で演出してます。なんだか目がチカチカする。
建物自体が舞台の演出装置みたいな。

これを見て感銘を受ける方もいれば、俺みたいにとりあえず写真撮って
まっいいかと思ってしまうヤツもいる(^^;)   常々、建築は楽しいが難しいと思う。
by cw-archi | 2011-04-12 23:52 | 建 築
群馬のイチロー
色々あったが明日からプロ野球が開幕。

その中で、やってくれました群馬のイチローこと、オリックスの駿太外野手。

知っての通り、本県の前商出身。

開幕スタメンです!!

高卒新人外野手としては59年の東映・張本勲以来、52年ぶり。

野球センスはかなりあると思う。守備範囲の広さは魅力的。

オリックスには大事に育ててもらいたい。
by cw-archi | 2011-04-11 23:11 | まちづくり
新芽
a0123191_18354548.jpgここ数日とても暖かく、目の前の桜もすでに満開に。

外構工事もあと2~3日というところ。

もう少し、散らずに待って欲しいな。


a0123191_18361471.jpgこちらも新芽が。

ここ数日で一気に出てきました。

タダで頂いたモミジ。

根巻きせずにトラックに積んで来たので、心配でしたが・・・。

これで根付いたようです。
by cw-archi | 2011-04-11 18:42 | 仕 事
ミニ・クーパーSとは・・・
a0123191_17304470.jpg少しおさらいしてみましょう(^^)
アレック・イシゴニスという人が設計した車が英国で1959年に誕生しました。
これがミニの歴史のスタートです。
で、このミニを皆さんご存知のジョン・クーパーさんがちょいっと手を入れました。
これが1961年に誕生したミニ・クーパーです。 本来ミニ・クーパーとはこれを指します。

ここから更に進化するんですね。
当時の英国はレースが盛んに行われていました。ミニも走ってました。
で、レースも排気量に合わせて色々なカテゴリーがありました。
そこでダニエル・リッチモンドという人が率いるダウントン・エンジニアリング社
このミニ・クーパーのエンジンにさらに手を入れます。 誕生したのがミニ・クーパーSです。


a0123191_17325510.jpgこのミニ・クーパーSはカテゴリーに合わせて3タイプ作られました。
970S  1071S  1275S
ミニ・クーパーSとはレースで勝つために作られたミニと言っても良いですね。

ミニは幾つも生産・販売会社の名前を変えながら2000年をもって生産終了になったわけです。

で、写真のグレー色のミニはオリジナルの1071Sです。
1963年から一年間のみ、延べ4031台生産されたとなってます。
いまから48年前の希少なミニ・クーパーSなんですね。

いつもお世話になってるミニ専門店の社長の足車です。ボディは錆だらけですが(^^;)


a0123191_17331116.jpg今日は天気も良いし、打合せが終わって真っ直ぐ帰るのもな~。
で、寄り道して試乗させてもらいました。

この1071Sはショートストロークの高回転型のエンジンなので、上まで回る回る(^^)
俺のミニより排気量も小さいし、キャブも小さいのに・・・・速いっ。

とりあえず一般道なんで6000回転くらいを目安に。

これが本来のミニ・クーパーSの姿なんだ。やっぱスポーツカーだよな。

このまま乗って帰っちゃおうかと思いました(^^)
by cw-archi | 2011-04-10 18:18 |
撮影会
a0123191_14353316.jpgあまりの天気の良さに、今日は建主さんと撮影会。

本番はプロのカメラマンにお願いするのですが、
色々と予定が咬み合わず、桜が散る前に念のために。

建主さんが一眼持ってたし。

写真を撮ってる建主さんを携帯カメラでパシャっと。

オレは横で「あーだの、こーだの」と口だけ(^^)

先輩、あざーっす!!
by cw-archi | 2011-04-10 14:45 | 仕 事
気になる空き地・・・
a0123191_17564536.jpg近所をウロウロしていると気になる空き地を発見する。
この空き地も5~6分程度歩いたとこにある。

パッと見で24~25坪程度の広さ。たぶん30坪は無いと思う。
建ぺい率が60%としたら単純に建坪14~15坪程度までしか建てられない。

仕事柄、こんな空き地を見るとつい想像してしまう。
俺だったら、こんな住宅を設計しようかなって。自分が住む事前提ですが・・・。

ガレージ付きアトリエなんかをね(^^) 


自分は今30代前半ですが、同世代がこれから家づくりを考えるとなると、予算的にどのくらいを考えてるのかな?

多いパターンが土地の購入に予算を取られて、建物にそれどほ掛けられない。 結構ある話し。

1000万円台の家づくりなんて雑誌もよく見かけるし。

予算があれば大きく広く作れる、また材料・設備器機の質を上げられるかもしれない。

しかし予算があるだけで良い家になる事は100%ないと思う。 これは設計者の腕次第(^^)

住まいづくりは通過点であって、作った後にそこでいかに充実した生活がおくれるかが大切。

何年か住んでみて、建て主さんから「やっぱり良いですっ!!」と言ってもらえた時が嬉しいし、ある意味

それは設計者とその建て主にとっての成功と言えるかもしれない。

予算の問題は誰しもある事。 実際、設計する場合に出来るだけコンパクトにし、シンプルな構造を心掛けている。

特に予算が無い場合はこの行為が顕著になる。 出来るだけ小さくシンプルに。

一般的に「小さな家」と言われると、床面積30坪が境目となるようで。 基準は良く分からないけど(^^)

そして「小さな家」といえば建築家 増沢洵最小限住居(竣工1952年)を思い浮かべる。 建坪は9坪、床面積は15坪である。
a0123191_22143753.jpga0123191_22162941.jpg












好きな建築家の一人で、学生時代にこの建築家の図面集「住まいの探究」を探して買った。

小さい家に住むにはある程度、住まい手の覚悟がいる。

ただ小さい・狭いだけの家になるか?または小さいけど豊かな暮らしが出来る家になるか?

自分は普段から 風通し 視線の抜け 高さに注意しながら住宅を設計している。

どれも大事な要素だが、小さい家を設計する場合には特に視線の抜け高さに気を遣う。

高さといっても、建具・家具の高さ、天井の高さ、軒の高さなど色々。 
ただ高けりゃイイってもんじゃない。もちろん低けりゃイイってもんでもない。
俺は低めが好きだけど。

視線の抜けも開口部の位置や壁とのバランスを考えながら。a0123191_19423930.jpg











あえて、小さな家  敷地に余白を残して豊かな生活を


要するに・・・と話しを締めたいとこなんですが、何でここまで長々と書いたのか(^^;)

ただ、気になる空き地があるって事だったんだけど(^^;)

最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)
by cw-archi | 2011-04-06 20:11 | 建 築
間に合うかな~?
a0123191_17212639.jpg震災等の影響もあったのですが、ようやく和季のいえの外構工事がスタート。

庭には鯉のぼりが泳いでました。
風が無いので、今日は泳ぎ足りないみたいですが・・・。

各地で桜が咲き始めました。

和季のいえの隣には公園があり、そこに桜の木があります。
こちらも咲き始めました。

外構工事が終わったら、写真を撮りたいのですが。

上手くタイミングが合うか・・・。
by cw-archi | 2011-04-06 17:26 | 仕 事