トイレの引き戸事件
a0123191_1271729.jpg実家のトイレの引き戸。
左下に見えるシルバー色の落とし鍵。
丸い棒を上げ下げして開け閉めする。
コイツが引き戸を閉めた途端、振動でタイミング良く落ちてしまい
閉まった状態に。

外からはどうすることも出来ず、仕方なく通気ガラリを壊して、そこから
手を伸ばして落とし鍵を開ける。
こんなとこにこんな鍵がある時点でおかしいことなんだか。
既製品の建具なんで壊す以外方法がなく。

実家は自分が中学生の頃、某ハウスメーカーで建てたのだが、
自分がこの仕事を始めてから、「あり得ないっ!!」と思う部分がいくつかある。
当時の設計者の力不足が明らかで、自分ならこのような住まいは設計しないなと。
親曰く、「設計者がこれしか出来ない」と言ったらしいが。

戸の開け閉め一つとっても、私たちの仕事はいかに考えるかが大事。
この積み重ねです。
[PR]
by cw-archi | 2013-02-06 12:36 | 建 築 | Comments(2)
Commented by ださい おさむ at 2013-02-07 16:16 x
名探偵コナンのようなお話ですね~
Commented by cw-archi at 2013-02-10 11:18
ださいさん

いつ起きてもおかしくない状態でしたが、ついに起きました(^^)
内鍵でこんなのはありえないですね。
<< ちょいっと勉強しに・・・ 七つ道具の一つ >>