人気ブログランキング | 話題のタグを見る
旧白洲邸 「武相荘」
旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_20211345.jpg今日は風も無く、久しぶりにスッキリした天気。

気晴らしに行こうということで。

以前から見学したかった旧白洲邸「武相荘(ぶあいそう)」を見てきました。

東京都町田市にある白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅です。

白洲次郎という人物は日本が連合国軍占領時に吉田茂の側近として活躍した人です。

茅葺屋根の民家で、とりわけ高価な材料を使っているわけでもありません。

ただ、とても趣きのある佇まいです。


旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_20213713.jpg茅葺屋根のこのシャープな軒先がとても綺麗です。

建物全体がとても締まりますね。 断然格好がいいです。

このような住まいを体感すると、現在の住まいは少しやり過ぎかなと感じます。

住宅雑誌でもよく見かけるけど、空間を変にこねくり回してるような。 

昔と比べれば取り巻く環境は全く変わったけど、例えば自分の日常生活を考えた場合、

家族の団欒・食ったり・寝たり・趣味など、これらを暮らしの基本とするなら、その本質は

今も昔もそんなに違わないのではと思う。


旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_2022428.jpgこの建物のカタチそのものでなく、この建物の本質が重要に思う。

さすがに普段の生活で茅葺屋根は手間掛かるしね(^^;)

建物内部もゆっくり見学できました。

こんな言葉がありました。 ※クリックで拡大します。

何だかとても共感します。

住宅を設計する上で、自分を含め「暮らし・住む」ということを今一度よく考える必要が

あるように思います。


旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_20225014.jpg白洲次郎は無類の車好きだったようで。

敷地内にこんなんがありました(^^) 1916年型 ペイジ Six-38

80歳までポルシェを乗り回していたっていうから凄い。

そこだけでも尊敬する(^^;) 

見学した事がない方は、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

新しいモノは良いかもしれない、ただ古いモノでもここまで残ったという

事実がある。 何故なんだろ?そこが重要。


旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_20231433.jpg帰りはちょっと道に迷いました(^^;)

どこへつながっているかも分からず・・・。

ひたすら斜面を下る。

最後はフェンス乗り越えましたけど(^^)


旧白洲邸 「武相荘」_a0123191_20233671.jpgその後は新宿行って展示を見たりして、最後は原宿。

原宿のニュースポット、先月オープンしたばかりの「東急 プラザ 表参道原宿」

神宮前交差点のGAPがあったとこ。

ここは6Fにある屋上庭園「おもはらの森」  さすがにカップルばかりで(^^;) そんな場所なんだね。

この上の階には世界一の朝食!?と言われる噂のパンケーキが食べられるBillsが入ってる。

今日は相当混んでて、2時間以上待たないと入れないみたい。 

どんなもんなのか一度は食べてみたい。
by cw-archi | 2012-05-13 21:35 | 建 築
<< 渋川高等学校同窓会 本日の放送終わりました!! >>